読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When it’s ready.

出来るまで出来ない

Google Apps Script プティ勉強会 UI周りの実装方法 紹介

今流行のサーバーサイドJSというと? 10人中9人以上がnode.jsという今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか?node.js凄いですよね、スゴイスゴイ、ゴイスーです。で、実際何に使いましょう?まぁ面白いですよね。

で、話は変わってGASです。GASとは、Google Apps Scriptの略でGoogle Docsスプレッドシートの機能の一つです。スプレッドシートに所属する形で保存されます。実行はGoogleのサーバー上で行われ結果が返りますが、GASの特徴の一つで、Google内外のの様々なサービスのデータにアクセスすることが出来ます。

  • カレンダー
  • コンタクト
  • メール(送信のみ)
  • サイト
  • マップ
  • Docs
  • UrlFetch
  • xml
  • Jdbc

などなどです。半分以上のサービスは無料アカウントで利用可能です。
今日のプティGAS勉強会で、Ui Servicesをいじったので紹介します。(要プレミアアカウントgmail.comアカウントでOK)
Ui Servicesを使うと、いろんなUIをスプレドシート上に作成することができるようになります。

こんなウィンドウを作成するためのコードは

function myFunction() {
  var mydoc = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  // アプリを作成
  var app = UiApp.createApplication().setTitle('GAS UI').setHeight(250).setWidth(200);

  // 要素を作成
  var btn = app.createButton('btn'); // button
  var pushbtn = app.createPushButton('push btn').setWidth('100'); // push button
  var radiobtn1 = app.createRadioButton('radio btn');
  var radiobtn2 = app.createRadioButton('radio btn');
  var flxpnl = app.createFlexTable();
  var file  = app.createFileUpload();
  
  // radioに要素を追加
  radiobtn1.setText('radio1');
  radiobtn2.setText('radio2');
  
  // ボタン押下時用のハンドラを作成
  var handler = app.createServerClickHandler('pushedBtn');
  btn.addClickHandler(handler);
  
  // Verticalパネルを作成
  var pnl = app.createVerticalPanel();
  
  // パネルに要素を追加
  pnl.add(btn);
  pnl.add(pushbtn);
  pnl.add(radiobtn1);
  pnl.add(radiobtn2);
  pnl.add(file);
  
  // アプリにパネルを追加
  app.add(pnl);
  
  // アプリを表示させる
  mydoc.show(app);
}

function pushedBtn(){
  var app = UiApp.getActiveApplication();
  var mail_add = Session.getUser().getEmail();
  app.close();
  Browser.msgBox('メールおくりますよ');
  sendMail(mail_add);
  Browser.msgBox('メールおくりました!');
}

function sendMail(sendToAdd){
  Browser.msgBox(sendToAdd);
  var dd = new Date();
  var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"Insert any HTML content here"}]
  MailApp.sendEmail(sendToAdd, "Attachment example", "Here is my document", {attachments: myFiles});
  Logger.log("INFO: " + dd.toLocaleTimeString() + "   " + "send to address: " + sendToAdd)
};

詳細説明

”GAS UI”というタイトルの幅200、縦250サイズのアプリを作成する。

  var app = UiApp.createApplication().setTitle('GAS UI').setHeight(250).setWidth(200);

ボタンや、ラジオの要素を作成して、パネルに追加して、アプリにパネルを追加する。よくあるパターン。

ボタンにイベントを追加するには

  var btn = app.createButton('btn');
  var handler = app.createServerClickHandler('pushedBtn');
  btn.addClickHandler(handler);

ボタンを作成して、ハンドラーを作成しクリックイベントにハンドラーを登録する。イベントが発生すると"pushedBtn"が呼ばれるので、メソッドを作成しとく。(今回はメールを送信するようにしてみた)

function pushedBtn(){
  var app = UiApp.getActiveApplication();
  var mail_add = Session.getUser().getEmail();
  app.close();
  Browser.msgBox('メールおくりますよ');
  sendMail(mail_add);
  Browser.msgBox('メールおくりました!');
}

function sendMail(sendToAdd){
  Browser.msgBox(sendToAdd);
  var dd = new Date();
  var myFiles = [{fileName:"my_document.html", content:"Insert any HTML content here"}]
  MailApp.sendEmail(sendToAdd, "Attachment example", "Here is my document", {attachments: myFiles});
  Logger.log("INFO: " + dd.toLocaleTimeString() + "   " + "send to address: " + sendToAdd)
};

サーバーサイドで動くので、printデバグが出来ないのでLoggerを使用する。

  Logger.log('hogehoge')

これを仕込めば、ログが作成される。ログを見るためには、メニューバー>表示>ログから閲覧可能

Let's GAS!!