読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When it’s ready.

出来るまで出来ない

rsync のオプション

大量のデータのコピーに迫られたので、rsyncを使ってみる事にする。

Basics

src側かdist側にrsyncが入っていれば良い
対向側は、sshでアクセス出来れば良い

rsync [OPTION]... SRC [SRC]... [USER@]HOST:DEST
rsync [OPTION]... [USER@]HOST:SRC DEST

ソースのPathを指定する時に、末尾に"/"の有無で挙動が変わる。
基本的には、コピーしたい階層のトップはdist側でも作成して作業を行う。
そして、rsyncコマンドに渡すソースのpathの末尾には'/'を付けるという
ルールを徹底する。

Option

-v, --verbose 詳細情報表示
-c, --checksum always checksum
-n, --dry-run テスト実行
--delete srcでファイルが消されてたらdist側も消す
-o オーナーを維持する
-g グループを維持する
--progress 転送状況を表示

sample

rsync -vacog --delete -n /var/hoge/ hoge@foo.com/:/var/hoge

とやって、コピーリストを確認して

rsync -vacog --delete /var/hoge/ hoge@foo.com/:/var/hoge