読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When it’s ready.

出来るまで出来ない

GAEのAPI1.2で追加になったCronを使って転置インデックスの更新をしてみる

週末のGAEハカソンでどうやってcron的な処理をしようかなぁと思っていたら本家から、cronが発表になった!
ありがたくソレを使って見ることにした。使い方というほどの物でもないけど、cron.yamlをapp.yamlと同じ階層に作成して、

  1. 説明
  2. 叩きたいURL
  3. 叩く頻度

を指定するだけ。
今回は、今作りかけているngram使った全文検索もどきの転置インデックスアップデート用のurlと、元となるwassrのfeedを取ってくるurlの2カ所をそれぞれ1分と3分間隔で叩くcron.yamlを作成した。実際のサイトはhttp://a2c-dev.appspot.com/ngram

cron:
- description: index update 
  url: /ngram/api/make/wassrIndex
  schedule: every 1 minutes

- description: get wassr feed
  url: /ngram/api/get/wassr
  schedule: every 3 minutes

これだけ。終了
今までは、自前サバからリアルcronしてたりしたけど、今後はgaeオレオレCronでモーマンタイ。


動いているかどうかは、appspot.comのadminサイトで確認出来ます。

なんか怒られてる・・