読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When it’s ready.

出来るまで出来ない

MacBook復活

結局いろいろ復旧を試みたけど、直らないのでリカバリした。

手順

  1. OSのインストールディスクから起動
  2. 次へを押さずに「バックアップから復元」をメニューバーから選択
  3. タイムマシン内のアーカイブを選択
  4. 放置(数時間、途中から寝ちゃったので正確には不明)

これだけで、タイムマシンしてた直前まで一気に戻ることが出来た。
戻す手間も最小限だけど、バックアップの手間も最小限(TMをONにして、タイムカプセル指定するだけ)
こんなに簡単にバックアップと復元ができるので、まだタイムマシンを導入してない人はやった方がいいかも。自分だけは壊れないと思ってた自分は、コレで救われました。

BUFFALO 〈リンクステーション〉Webアクセス機能搭載 ネットワーク対応HDD 1.0TB LS-C1.0TL

BUFFALO 〈リンクステーション〉Webアクセス機能搭載 ネットワーク対応HDD 1.0TB LS-C1.0TL


これとか安いし、他にもいろいろ機能あるしおすすめ。もしタイムマシンしてなかったらと思うとホント恐ろしい

雑感

当たり前だけど、バックアップからのリカバリなので、アプリとか、OSの設定とかはタイムマシンで元に戻せたが、内容は最後にバックアップを取った状態(今回の場合10日以上前)にしか戻せない。
しかし、常時更新するデータはDropbox内に保存しているようにしてあったので、リカバリ直後から全く問題なく復活することが出来た。dropboxも使い方次第だけど、今回はほんとに助けられた。

意外だったのは、リカバリ後にspotlightのインデックスの再構築が必要みたい。すでに200GBくらい容量くってたから意外と時間がかかったし何より熱かった。