読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

When it’s ready.

出来るまで出来ない

twitterコマンドがいつの間にか入ってた。

コマンドラインでtwitter補完されて実行してみたら

USAGE:

twitter [action] [options]

ACTIONS:

friends get latest tweets from your friends (default action)
public get latest public tweets
set set your twitter status

OPTIONS:

-e --email your email to login to twitter
-p --password your twitter password
-r --refresh run this command forever, polling every once
in a while (default: every 5 minutes)
-R --refresh-rate set the refresh rate (in seconds)
-f --format specify the output format for status updates
-c --config read username and password from given config
file (default ~/.twitter)

FORMATS for the --format option

default one line per status
verbose multiple lines per status, more verbose status info
urls nothing but URLs. Dare you click them?

CONFIG FILES

The config file should contain your email and password like so:

[twitter]
email:
password:

みたいな感じになってた。たぶんtw2を使う為に入れたモジュールが動いてる見たい。とっても便利なので、設定ファイルを用意してみた。ホームディレクトリに .twitter というファイルを用意して

[twitter]
email:
password:

とだけ書いて保存しておく。

あとはおもむろに

$ twitter

と実行すると、friendsTimeLineが流れてくるし、

$ twitter set

とすると、プロンプトになるので適当に英語を打って(日本語はエラーになる)エンターすると、twitterに投稿できる。

まぁ、便利ですね。

$ twitter -r

などとしておくと、自動更新モードになって5秒間隔でポーリングてくれる。

まぁ、便利ですね。

だけど、もっと便利なtw2.pyがあるのでそっち使います。清楚なクライアントです。